コード例 #1
1
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void		trap_SetUserCmdValue( int stateValue, float sensitivityScale, float mPitchOverride, float mYawOverride, float mSensitivityOverride, int fpSel, int invenSel, qboolean fighterControls ) {
	syscall( CG_SETUSERCMDVALUE, stateValue, PASSFLOAT(sensitivityScale), PASSFLOAT(mPitchOverride), PASSFLOAT(mYawOverride), PASSFLOAT(mSensitivityOverride), fpSel, invenSel, fighterControls );
}
コード例 #2
1
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_SetClientForceAngle(int time, vec3_t angle)
{
	syscall( CG_SETCLIENTFORCEANGLE, time, angle );
}
コード例 #3
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
qboolean	trap_GetSnapshot( int snapshotNumber, snapshot_t *snapshot ) {
	return syscall( CG_GETSNAPSHOT, snapshotNumber, snapshot );
}
コード例 #4
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_RealTime(qtime_t *qtime) {
	return syscall( CG_REAL_TIME, qtime );
}
コード例 #5
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void	trap_Cvar_Update( vmCvar_t *vmCvar ) {
	syscall( CG_CVAR_UPDATE, vmCvar );
}
コード例 #6
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_LoadGlobalDefines ( const char* filename )
{
	return syscall ( CG_PC_LOAD_GLOBAL_DEFINES, filename );
}
コード例 #7
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_ReadToken( int handle, pc_token_t *pc_token ) {
	return syscall( CG_PC_READ_TOKEN, handle, pc_token );
}
コード例 #8
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_LoadSource( const char *filename ) {
	return syscall( CG_PC_LOAD_SOURCE, filename );
}
コード例 #9
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_Key_GetKey( const char *binding ) {
	return syscall( CG_KEY_GETKEY, binding );
}
コード例 #10
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int			trap_GetCurrentCmdNumber( void ) {
	return syscall( CG_GETCURRENTCMDNUMBER );
}
コード例 #11
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
qboolean	trap_GetUserCmd( int cmdNumber, usercmd_t *ucmd ) {
	return syscall( CG_GETUSERCMD, cmdNumber, ucmd );
}
コード例 #12
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
qboolean	trap_GetServerCommand( int serverCommandNumber ) {
	return syscall( CG_GETSERVERCOMMAND, serverCommandNumber );
}
コード例 #13
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
qboolean	trap_GetDefaultState(int entityIndex, entityState_t *state )
{ //rwwRMG - added [NEWTRAP]
	return syscall( CG_GETDEFAULTSTATE, entityIndex, state );
}
コード例 #14
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
//If you're using the above example, the appropriate call for this is int result = trap_PrecisionTimer_End(blah);
int trap_PrecisionTimer_End(void *theTimer)
{
	return syscall(CG_PRECISIONTIMER_END, theTimer);
}
コード例 #15
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_Key_GetCatcher( void ) {
	return syscall( CG_KEY_GETCATCHER );
}
コード例 #16
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_SetClientTurnExtent(float turnAdd, float turnSub, int turnTime)
{
	syscall( CG_SETCLIENTTURNEXTENT, PASSFLOAT(turnAdd), PASSFLOAT(turnSub), turnTime );
}
コード例 #17
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_Key_SetCatcher( int catcher ) {
	syscall( CG_KEY_SETCATCHER, catcher );
}
コード例 #18
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_OpenUIMenu(int menuID)
{
	syscall( CG_OPENUIMENU, menuID );
}
コード例 #19
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_AddGlobalDefine( char *define ) {
	return syscall( CG_PC_ADD_GLOBAL_DEFINE, define );
}
コード例 #20
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void		testPrintInt( char *string, int i ) {
	syscall( CG_TESTPRINTINT, string, i );
}
コード例 #21
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_FreeSource( int handle ) {
	return syscall( CG_PC_FREE_SOURCE, handle );
}
コード例 #22
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void		testPrintFloat( char *string, float f ) {
	syscall( CG_TESTPRINTFLOAT, string, PASSFLOAT(f) );
}
コード例 #23
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_PC_SourceFileAndLine( int handle, char *filename, int *line ) {
	return syscall( CG_PC_SOURCE_FILE_AND_LINE, handle, filename, line );
}
コード例 #24
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
int trap_MemoryRemaining( void ) {
	return syscall( CG_MEMORY_REMAINING );
}
コード例 #25
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_PC_RemoveAllGlobalDefines ( void )
{
	syscall ( CG_PC_REMOVE_ALL_GLOBAL_DEFINES );
}
コード例 #26
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
qboolean trap_Key_IsDown( int keynum ) {
	return syscall( CG_KEY_ISDOWN, keynum );
}
コード例 #27
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void	trap_S_StopBackgroundTrack( void ) {
	syscall( CG_S_STOPBACKGROUNDTRACK );
}
コード例 #28
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void	trap_Cvar_Register( vmCvar_t *vmCvar, const char *varName, const char *defaultValue, int flags ) {
	syscall( CG_CVAR_REGISTER, vmCvar, varName, defaultValue, flags );
}
コード例 #29
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void trap_SnapVector( float *v ) {
	syscall( CG_SNAPVECTOR, v );
}
コード例 #30
0
ファイル: cg_syscalls.c プロジェクト: thedt/clanmod-jka
void		trap_GetCurrentSnapshotNumber( int *snapshotNumber, int *serverTime ) {
	syscall( CG_GETCURRENTSNAPSHOTNUMBER, snapshotNumber, serverTime );
}